小林工業 株式会社
19/20

 ) 「担当の女性建築士さんが同世代で、ちょっとしたことでも相談できました。細やかな部分まで『女性ならでは』の提案がありましたし、お互いに意見を出し合って家づくりができました」(奥様。家事動線を全て北側にまとめたのも、奥様の要望を受けた建築士の提案。玄関土間から直接入れる食品庫は、キッチンにも出られます。キッチンからはトイレや洗面室、物干し台を備えたデッキへと、ほぼ一直線に繋げました。もちろん、デザインでも意見を出し合いました。奥様の憧れだったリビングの吹き抜けも見事に実現。「毎日が楽しいですね。子どもたちも走り回っています。夢が実現して本当に良かったです!」(奥様)。奥様の夢だったという吹き抜けが、家全体に一体感を与えた。太陽の光が差し込む暖かいリビングは、家族全員のお気に入りの場所だ。女性目線の家づくり理想の家事動線を実現10高崎市 T邸

元のページ  ../index.html#19

このブックを見る