ロジカルウッド住宅販売 数寄清計画研究所 株式会社
23/28

市街地の生活道路に面した立地のO邸。昭和初期に建てた家を何度か建て増して暮らしていましたが、息子さん夫婦との同居を考え、建て替えを決めました。平屋を希望していたご夫婦ですが、ご家族分の駐車スペースを確保するために建築士から提案されたのは、2階に居住空間を配置した住まい。生活道路に面していることもあって、防音対策にもこだわりました。完成したO邸は、周囲の視線が気にならない、開放的な2階リビングを中心にして、プライベートはそれぞれの個室で過ごせるように配慮した家。「これまではカーテンを引いたまま暮らしていましたが、今はレースまで開けられて快適です」(ご主人)。 館林市 O邸My Favorite HouseMyFavorite数寄清計画研究所 株式会社南向きの窓から優しい光が注ぎ込む、家族7人がくつろぐための2階リビング。「以前より広くなったし、外からの視線も感じないので快適です」(奥様)。2階に居住空間をまとめた開放的なリビングのある家12ロジカルウッド住宅販売

元のページ  ../index.html#23

このブックを見る